AGAに高い効果を示す治療薬を大きく飲み薬と塗り薬に分けて開発経緯に沿って説明しています。また、治療の種類と処方される薬の関係や副作用や入手方法など様々な利用方法を記載しています。きっとお役に立ちます。

AGA治療薬の価格を比較

AGA治療薬はプロペシアと呼ばれる医薬品が有名です。
AGAは男性型脱毛症のことを意味しており、20代~30代の若い男性に多く見られる薄毛です。
また、AGAは進行性の薄毛でもあり、そのままにしておくことで薄毛の症状は悪化し、全ての毛が抜けてしまう恐れがあると言われているのです。
AGAは遺伝性由来とも言われており、遺伝子による男性ホルモンの一種でもあるテストステロンが、体内の5α-還元酵素と結びつくことで、DHTと呼ばれる男性ホルモンに変換されます。

正常な人のヘアサイクルの成長期の期間は3年から6年と言われているのですが、DHTが存在する事で成長期は3か月ほどになるのが特徴です。
成長期の髪の毛に対し、休止期や退行期に移行する命令が送られ、髪の毛は成長過程の中でも休止期に入り、そして退行期を迎え、抜け落ちると言う短いサイクルに変えてしまうのです。
AGAは、このDHTを抑制する事でヘアサイクルを正しくし、髪の毛が途中で休止期などに入らないように治療を行う事で、育毛効果を促す治療が出来るようになるのです。
そしてAGA治療薬でもあるプロペシアと言うのはDHTに変換する作用を持つ、5α-還元酵素の阻害薬としてAGA専門クリニックなどで処方が行われているのです。

尚、AGA治療やAGA治療薬と言うのは保険適用外になっており、自由診療と言う事からも病院により価格が様々です。
最近は個人輸入代行を手掛ける通販サイトの中でプロペシアのジェネリック医薬品を入手する事が可能になっており、病院よりも安く入手が出来る事からも、AGA治療薬を通販サイトを利用して購入する人も増えていると言います。
尚、AGA治療薬の価格は病院や通販サイトにより異なるのが特徴ですので、利用する場合には費用を比較する事が大切です。
但し、プロペシアなどには副作用が在る為、利用する場合には医師の指示に従う事が重要です。

関連記事