AGAに高い効果を示す治療薬を大きく飲み薬と塗り薬に分けて開発経緯に沿って説明しています。また、治療の種類と処方される薬の関係や副作用や入手方法など様々な利用方法を記載しています。きっとお役に立ちます。

News
髪を気にする男性

AGAを治す薬の代表的なものとして、飲む薬であるプロペシアとつける薬であるミノキシジルの2種類に分かれます。
飲むタイプのプロペシアは主成分であるフィナステリドにAGA治療効果があるとわかったため、AGA治療薬として米国のFDAに認可されています。
主成分であるフィナステリドには、ジヒドロテストステロンに変換するのを防ぐ効果があるため、男性ホルモンによる発毛阻害がなくなり、正常な髪の成長を取り戻すことができます。
副作用として性欲減退や勃起不全、継続使用による肝機能障害などが引き起こされるケースがあります。

塗るタイプのミノキシジルは、毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活性化させることで発毛を促すAGA治療薬です。
ミノキシジルはもともと血管拡張剤として高血圧の治療薬として使用されていましたが、副作用で多毛症になる人が多く見られたことから薄毛治療薬として認可されました。

また、一般的な頭髪治療は、専門外来に比べると低価格ですが、フィナステリドしか処方されず、現状維持が主目的となります。
対してAGA専門病院の発毛治療では、血液検査や診察を経て、一人ひとりの症状にあわせてフィナステリドやミノキシジルを併用します。
状態によっては、抗炎症剤やビタミン類などを処方されることもあります。

飲むタイプのAGA治療の効果

プロペシア等に代表される飲むタイプのAGA治療薬には、有効成分であるフィナステリドが配合されています。
軽度のAGAであれば、フィナステリドを使用することで、薄毛の進行を食い止めることができます。
フィナステリドには、5αリダクターゼを制御する作用があるため、AGA進行を抑えることができます。
AGAの主な原因は、ジヒドロテストステロンと呼ばれる男性ホルモンにより引き起こされると考えられています。
ジヒドロテストステロンは、男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合することによって生成されるため、5αリダクターゼを抑制できれば、ジヒドロテストステロンの生成を阻害することができるとされています。
フィナステリド単体で服用する場合には、早ければ3ヶ月で効果が実感できますが、長い人は1年程度かかる場合があります。

フィナステリドは、発毛・育毛に対して即効性は無く、長期的に進行を食い止めることが目的のAGA治療薬です。
また、健康保険適用外の自由診療になるため、費用は全て自己負担になります。
また、勃起不全や精子の減少、性欲減退などの副作用が引き起こされるケースもあります。
妊娠している女性がフィナステリドを服用することで、胎児に副作用がでて、障害が出る可能性があるため、女性の服用は禁止されています。
最近は、塗るタイプのAGA治療薬であるミノキシジルや飲んで使用するミノキシジルタブレットがあります。
飲むタイプのミノキシジルは、発毛効果が高い反面副作用の心配も大きいことから、塗るタイプのミノキシジルでは、効果が出ずにそれでもミノキシジルを使用したい場合に使用することになります。

塗るタイプのAGA治療の効果

男性の薄毛の95%を占めているのがAGA(男性型脱毛症)です。
これはジヒドロテストステロンが原因でおきる脱毛症です。
ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンのテストステロンが変化して生成される物質で髪の成長が妨げる作用があります。

毛髪には成長期、退行期、休止期のサイクルがあるのですが、成長期が短くなるため髪の毛は細く短いものばかりになってしまいます。
そして髪の毛の数自体が減ってしまいます。

またジヒドロテストステロンが存在するだけでは髪の毛に影響はでません。
毛乳頭細胞には受容体(レセプター)があり、これと結びつくことで髪の毛の成長がとまります。

そのためレセプターが存在しない場所であれば影響はでません。
故にレセプターの少ない後頭部や側頭部は影響を受けにくいのです。
AGAが額や頭頂部からおきるのはこのためです。

市販されているAGA治療薬は、脱毛の原因になるジヒドロテストステロンの生成を止める効果を持たせたものが主流です。
男性ホルモンのテストステロンは必要なもので、これを増やすためのサプリが売られているくらいです。
では、ジヒドロテストステロンに変化しないようにするにはどうすればいいのでしょうか。

AGA治療薬について研究をすすめるなかで、テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するためには5αリダクターゼという酵素が必要であることがわかりました。
ということは5αリダクターゼの働きを抑制することができればジヒドロテストステロンの生成を抑えることができるようになります。
AGA治療薬は服用タイプと塗るタイプのものがありますが、塗るタイプのものは薬の成分が全身に与える影響は殆どないと言われています。
また、副作用に関しても同様です。

医師の処方無しに、国内では販売していないAGA治療薬が、個人輸入代行業者などを利用する事により入手する事が出来る様になりました。
但し、ご利用に際しては、事前に製品説明書などをよく読んでから利用する様に致しましょう。

記事一覧

フィナステリドは、現在では男性型脱毛症(AGA)治療のための医薬品の有効成分としてさかんに使用されて...

白い錠剤

「プロペシア」とは薄毛の治療薬、男性型脱毛症用薬です。 一般名は「フィナステリド」と呼ばれ、アメリカ...

鏡を見て、髪と梳かす男性

ツゲインとはミノキシジルが配合されたジェネリック医薬品で発毛効果の作用があります。 リアップ(アメリ...

色々な薬

AGA治療方法には大きく別けて2種類あります。 AGAの進行を止めるための治療と、AGAにより失った...

髪に悩んでいる男性

自分の頭部が薄毛や抜け毛に見舞われると精神的にもかなりの負担になってしまうもの。 もちろん毎日の生活...

サイト内検索